勃起不全 - そのed治療方法並びにed治療薬効果検証

勃起不全(ぼっきふぜん)につき、正しいed治療方法で改善し、副作用無しのed治療薬で治す情報をお届け!

性機能障害の予防方法

1. 性機能障害には心理の要素を解消、性知識を十分に了解して、精神的な要素が性機能への影響を十分に認識しておく必要があり、「性欲」を正確に対処することです。いやましいこと思い込み、嫌だり、恐怖したりしないように、一回か二回の性交失敗すると、気分を落ち込だり、自身を無くなしたりしないでください。夫婦両方が感情をよく交流し、不調和要素を解消して、よく協力し合い、女性のほうは夫を気遣い、愛撫、励ますべきです、出来る限り不満を発生しないよう、夫にストレスを与えることを避けます;性交時に思いを集中する、特に快感ピークを達成するとき、すなわち射精する時に、より思いを集中しましょう。

 

 

2. 性交頻度を控えること

長期に渡って房事をやりすぎたり、エロに浸ったり、自慰時に力を入れすぎたりによる精神的疲労が発生し、それは性機能障害に至る原因の一つです、実踐によって、夫妻が一定の時間の間に別居し、性刺激を避け、中枢神経や性器官を充分に休ませ、性機能障害を治療する有効な予防措置です。

3.飲食養生

(1)壮陽食物を多く食べる:壮陽食物は主に犬肉、ラム、雀、クルミ、ブルウィップ、羊賢などがあります、動物の内臓に大量の性ホルモンと副腎皮質ホルモンを含まれているので、精子活力を高め、性欲を向上、それも壮陽食品です。また亜鉛を含む食品、例えば雄トン、牛肉、レバー、卵、ピーナッツ、豚肉、鶏肉などがある、アルギニンを含む食品、例えばヤマイモ、銀杏、凍み豆腐、タウナギ、ナマコ、イカ、タコなどがある、それらのものが性機能障害を治療に役割があります。

 

性機能障害

性機能障害

 

(2)断ち物がない:民間に伝わっているような話、例えばヘチマを食べると、インポテンツになるのが科学的根拠がない、インポテンツ、早漏を予防するには、なく断ち物がない、いろんな注意をする必要もない、心理的負担をかけてしまうから、ただし、栄養不足や、身体虚弱が発生しないよう。

4. 身体素質を向上すること

それは身体虚弱、過労、睡眠不足、緊張感を長く継続する頭脳労働などがその性機能障害病気を誘発する要素です、なるべく積極的に運動し、体質を増強し、休みを十分にとり、過労を防止し、中枢神経係の機能バランスを調整しましょう。

5.性機能障害を真剣に

実はインポテンツは怖くない、心理的な要素は生理的な要因より大きい、今、たくさんの医薬広告がその厳重度、危害性を拡大し、患者に心理的負担をかけてしまいます。80%の性機能障害が実は心理的なものだと言えます。若し言いにくいなら、公平公正の医薬広告ホームページに問合せをしたらよいでしょう、よい回答を得られるかもしれません。

 

 

down

コメントする





いんぽてんつ