勃起不全 - そのed治療方法並びにed治療薬効果検証

勃起不全(ぼっきふぜん)につき、正しいed治療方法で改善し、副作用無しのed治療薬で治す情報をお届け!

勃起障害 (ED、ぼっき障害)に関する誤解

time 2014/08/01

勃起障害 (ED、ぼっき障害)に関する誤解

 

既往は男の「性無能」を「インポテンツ」(impotence)と称され、その科学的な定義が不明確です、そして差別的な貶義と見なされている。1992年、アメリカ国立衛生院の専門家が、ぼっき障害又は勃起障害(erectile dysfunction、ED)という言葉で代わりにインポテンツ(impotence)を称することを決定した、それに、ペニス勃起不全の定義は、ペニス勃起は満足できる性生活(性交)に達しない或は維持できないことを言う。

誤解1:勃起障害 (ED、ぼっき障害)は男の恥

医師の見解:アメリカの研究により、40-70歳の男が52%の人はEDになっている。中国の調査によると、約15%の男が重度のEDになっている。現在、様々なED治療方法があるが、それは医師に相談しながら、勃起障害(ED、ぼっき障害)かどうか、及びその治療方法を確定するためです。

 

ぼっき障害

 

誤解2:勃起障害 (ED、ぼっき障害)は心理的作用による結果

医者見解:多くの人は勃起障害(ED、ぼっき障害)は心理作用による問題だと勘違いをしているようで、その考えによって、治療法を求めないことにある。心理的な要素で確かにあるが、しかも、大半数のEDは器質的要素、薬の服用、不良生活方式に係わる。それは血管や陰莖血流制限疾病の要素もあり、例えば糖尿病、心臓病、高血圧や高コレステロール血症などです、中枢神経係統とペニスの連絡を切断してしまったなど、例え、外傷や前立腺手術による損傷など;薬の要素、高血圧、憂鬱などを治療する薬はED副作用がある、憂鬱、、喫煙、アルコール、ストレスや生活緊張なども勃起障害(ED、ぼっき障害)に影響する可能性がある。

 

ぼっき障害

 

誤解3:勃起障害 (ED、ぼっき障害)はただ老化の表現
医師見解:医者は高齢の男性の中で確かに勃起障害(ED、ぼっき障害)罹患率が高いが、これは彼らに最も多いのはED関連の病気があるから、例えば:心臓病や糖尿病など。老年者は薬を多く服用するため、それが直接勃起障害に影響する可能性がある。それに、男の年齢が大きくなりつつあり、彼らの性生活も変わってきて、例えば:勃起時間に必要な時間が長くなり、或は直接的に身体への刺激が必要です。これらは通常の調節だと見れ、EDは老化の必然の結果ではなく、性は失効期がない。

 

オリエンタル ベリー 通販 ベリーダンス衣装セット ダンス服 高級演出服 パフォーマンス

販売価格(税込): 16,720
・エジプシャンスタイルから発展したスタイルのひとつ
・ジプシー(遊牧民)の伝統舞踊として確立

 

 
誤解4:勃起障害 (ED、ぼっき障害)は治療できない
医者見解:勃起障害(ED、ぼっき障害)は一つ治療しやすい病気です。多くの勃起障害(ED、ぼっき障害)患者にとって、勃起の改善にただ一つの薬がいるだけかおしれない。ある人にとって、心理治療、バキューム環縮装置(VCD)、自己ペニス注射薬の薬や手術などが必要かもしれせん。

 

勃起障害 (ED、ぼっき障害)

 

誤解5:勃起障害 (ED、ぼっき障害)は体の健康に影響しない、どのように慣らすのを考えるだけ。
医者見解:勃起不全患者は深刻な心理的負担をかけ、個人の価値と自信を含め、患者やその配偶者の生活の質にも影響するかもしれない、そして家庭の安定にもかかわる。交流と理解の不足のため、患者の配偶者が冷遇されたり、魅力を備えていないと感じされたりする。この状況では人間関係を破壊したり、怒り、うつ病や焦りに至ってしまう可能性がある。

 

 

 

down

コメントする





いんぽてんつ