勃起不全 - そのed治療方法並びにed治療薬効果検証

勃起不全(ぼっきふぜん)につき、正しいed治療方法で改善し、副作用無しのed治療薬で治す情報をお届け!

ぼっき障害の発症率とタイプ

time 2014/10/04

ぼっき障害の発症率とタイプ

 ぼっき障害の発症率

 

 

ぼっき障害(Erectile Ddysfunction、ED)とは、持続性は勃起達成不可、或は勃起を十分に維持することができないため、満足の性生活を獲得できない、発病時間は6ヶ月以上のことを指す。ぼっき障害は男性によくある病気で、夫婦の仲に深刻な影響を持たし、生活品質を低下する、厳重な場合、さらに男性生殖機能にぼっき障害を引き起こす。

 

勃起不全の定義によって、アメリカマサチューセッツ州(MassachusettsMaleAging Study、MMAS)勃起不全疫学調査を行った、これまでで最も規範と信用できる。1987—1989年はマサチューセッツ州ボストン地区の1ランダムに11個の町を選んで、1 290名の40~70代の男性にアンケート(11EF)を行い、内容は性交や性活動頻度、フル勃起の頻度、朝の勃起の頻度を含まれ、6ヶ月以内に、性交前や性交中に勃起問題があったのか、性生活と性関係の満足度など9問題です。

 

 

ぼっき障害

ぼっき障害

 

 

さらに、勃起不全患者本人によりぼっき障害の程度を評価する、軽、中、重度(完全)3級に分けて、統計学によってデータを処理する。MMASサンプル全数の中、40~70代の男性のぼっき障害の発症率は52%と分かった、軽、中、重度(完全)ぼっき障害の発症率はそれぞれ17 . 2%、25.2%と9 . 6%です、また、重度の勃起不全は年齢の増加に従って増加の傾向があると分かった、そのぼっき障害発生率は40歳の5%から70歳の15%まで増えた。

 

上記の数字を合わせて見ると、約1800万人の40~70歳のアメリカ男性が勃起不全があると推定できる。我が国にはまだ疫学調査資料が不完全で、予想すると、我国は約1000万人が程度の違い勃起不全があると推定できるでしょう。この結果はぼっき障害は中高年男性によくある病気、多発病気と判明した。

 

ぼっき障害のタイプ

 

心因性によるぼっき障害(心因性ed)

 

正常性交の条件は配偶双方は健全な生理機能に加えて、心理に異常がないことが必要です、いかなる興奮性抑制や心理分散の要因があれば、反応活動を中断させててぼっき障害を招くかもしれない。

 

  • 夫婦仲がしっくりしない

 

  • 性刺激が適当でないか、不十分

 

  • 不良性経歴

 

  • 抑制要因の影響

 

  • 器質的ぼっき障害の心理的反応

 

 

 

ぼっき障害

 

 

器質的なぼっき障害

 

  • 動脈性:ペニス勃起は陰莖の動脈血流が明らかに増加し、そのため、いかなる動脈血管疾患は血流速度に影響を与えて、海綿体供血不足によるペニスEDが発生する可能性がある。最もよくある動脈病変は動脈硬化症です。

 

  • 静脈性(海綿体):静脈閉鎖はペニス勃起の基本的な過程で、静脈性EDは通常異常静脈路や静脈閉塞障害の原因がある。

 

  • 神経性:勃起は刺激を通じた神経血管活動のため、何の大脳や脊髄、海綿体神経、陰部神経や末梢神経、小動脈や海綿体のサセプタ-を影響する傷や病気などがあれば、神経性EDに至る可能性がある。
  • 内分泌性:生殖機能減退症、甲状腺疾患、糖尿病、高乳素血症などの疾病は内分泌内分泌性ぼっき障害を引き起こす可能性がある。

 

 

————————————————AD—————————————-

マカ 通販 MACAマカ健康咀嚼錠
4620円 | 九六商圏 PR

 

 

down

コメントする





いんぽてんつ